トップページ > 襖のWEB辞典

襖のWEB辞典

張替えの基礎知識




ふすまを張替えたい
ふすまの張替えは、ふすまの種類によって方法が異なります。まず、張替えたいふすまのことを調べてから、張替作業にとりかかりましょう。以下にふすまの張替えを初めてお考えの方に、張替えるための基礎知識について概略をご紹介いたします。

《何回でも繰り返し張替えが可能なふすま》には「和ぶすま」や「単板ぶすま」があります。和ぶすまの内部構造は、木などの骨組みに幾重もの下張りの紙が貼られていて、その上に表層のふすま紙が貼られている構造です(和ぶすまの構造図)。和ぶすまの張替えは、引き手や縁をはずして上張りを剥がし、新しいふすま紙を貼りなおします。専用のノリで浮かし貼りの紙の上に貼られているため、前の紙は無理なく剥ぐことができます。下張りの破れや骨組みの破損もこのときに修理可能です。また縁の傷を修繕し痛んだ縁を取り替えることも可能です。ですからいつまでも同じふすまをリニューアルしてお使いいただけます。
単板ふすまも浮かし貼りでふすま紙が貼られ、何度も張替えがききます。

古くなったふすま紙を剥がさずにその上から新しいふすま紙を張る方式で張替えが行われるふすまには「量産ふすま(工場生産品)」があります。これらは、芯材のダンボール、発泡スチロール、ペーパーコアなどにアルミ箔やチップボール紙を貼り、その上にふすま紙がベタ張りされています。これらは、古いふすま紙(剥がせません)をそのままにして、破れや凹みを補修し、その上に新しいふすま紙を貼ります。この方法は何回も繰り返し張替えることができません。1,2回が限度と考えてください。引き手だけはずし縁はそのまま張替えるので、作業は比較的簡単です。

和ぶすまの場合も、応急的な張替えであれば、このように上から貼る方法をとることも可能です。

前の紙を剥がして張替える和ぶすまについては、専門の職人(経師・表具店)に頼むのがよいでしょう。張替えといっても、ほとんど新品に替えるのと同じ効果がありますから、専門の道具を使って熟練した技術で仕事をしてもらうことをおすすめします。

ふすま紙の上に貼るタイプのDIY用ふすま紙はホームセンターで購入できます。日曜大工に手馴れておられれば、ご自身で張替えることができます。でも、大きなふすまを何枚もきれいに張替えるというのは、手馴れていないと失敗しがちです。このような張替えも、経師・表具店に頼むことができます。
ふすまの張替費用について
ふすまの価格には大きな幅があります。また張替費用も、使う素材のグレードのほかにも、コストの変動する要因が多くあります。このため、ふすまの価格や張替費用については、なかなか判りにくいものです。以下に、この変動幅の大きいふすま張替えのコストについて、解説いたします。

ふすまの張替えは、主に経師・表具店が施工を担当しています。張替えは、まず張替えるふすま紙を決めます。このふすま紙については、《ふすまのWEB辞典:ふすま紙の素材による種類》にご説明しましたが、素材の種類・図柄の加工方法などによって、ふすま紙の価格が大きく異なります。高いものでは1枚が数万円となるふすま紙もありますし、もっとも廉価な普及品では1枚が700円程度となります。お客様が今使われているふすまのグレードにあわせてふすま紙を選ぶか、もっとグレードの高いふすま紙に替えるか、あるいは多少費用を押さえる方向で考えるか。・・これらの判断で、ふすま紙そのもののコストがかわってまいります。

ふすま紙の選択は通常、経師・表具店の担当者がお客様のもとに見本帖を持ってうかがい、お客様に選んでいただきます。そしてその商品を内装材料店に注文します。内装材料店は注文に応じてふすま紙を表具店に納品します。このように商品のデリバリー(手間と送料)が注文ごとに発生します。つまりふすま紙の取り寄せ費用がかかるわけです。

またふすまの張替え施工は、お客様のお宅からふすまを取り外し、表具店に持ち帰って行うことが一般的です。つまり、取り外しの時と完成品納入の時との2回は、お客様のお宅と表具店の間を、ふすまという大きな荷物が往復します。この移送に、昨今は駐車場の料金なども必要な場合が多くなってまいりました。高層住宅では、時には階段で上層階まで運び上げなければならないケースもあるようです。こうした付帯的な経費がかかります。

ふすまの張替作業については、 (1) 引き手と縁の取り外し
(2) 上張りめくり(剥がす)
(3) 中骨の修理と下張りの補修
(4) 縁の傷の修理
(5) ふすま紙の貼り込み
(6) 縁の取り付け
(7) 引き手のはめ込み

という手の込んだ作業で行われます。特に図柄のあるふすまの場合は、複数のふすま全体の図柄の位置決めなど、専門職としての技術を必要とします。また使用するノリや刷毛などもふすま専用のものを使います。これらがふすま張替えの作業料金(技術料を含みます)になります。

このように、ふすまの張替え費用は《ふすま紙の値段》《ふすま紙の取り寄せ費用》《ふすまの搬出・搬入のための費用》《ふすま張替えの作業・技術料》などから構成されます。ふすま紙そのものの値段よりも、作業料や関連費用の方が大きくなるのが一般的です。

これら各項目の見積もりは、ご注文のケースにより、それぞれ異なってまいります。ふすまの張替え価格が分かりにくい一因は、こうした項目を検討しながら見積りを作らないと、一概にいくらと言えないためなのです。

なお経師・表具店によっては、自社の標準価格表を作ってお客様にご案内しているケースもあります。つまり、ふすまの張替え費用については
≪詳細を見積もってお客様に提示するケース≫
≪自社標準価格表に従ってお客様に提示するケース≫の2種類あることをご理解ください。

もちろん消費者としては、ふすまの張替えを検討するためには前もって《大まかな張替え費用を知りたい》というのが本音でしょう。しかし、張替え枚数や納品場所、ふすま構造の地域差などを含めて、様々な価格変動要因があります。張替えをお考えになる際には、是非お気軽に見積りを取ることをおすすめいたします。
張替えるタイミング・ふすまの耐用年数
ふすま紙は、使用状況、汚れや破損の発生状況、使われている場所との関係、などによってふすまを張替えるタイミングを、個々に判断する必要があります。

新築の集合住宅を買って引っ越してきたが、据え付けられていたふすまの図柄がどうもしっくりこない・・というのであれば、新築費用や移転コストの一部と割り切って、自分好みのインテリアに変えてしまうことをおすすめします。これから永く暮らす自分自身の空間を、不満足なままにしておくのはかえって不経済でしょう。

時期的には、特に張替えに適している季節があるわけではありません。表具店の受注実績をみると、やはり新年を迎える前に、きれいなふすまにしたいという注文が多いそうです。この時期に、事業者も営業に力を入れるようですが、むしろ施工業者の忙しくない時期を選んで発注してみるのも得策かもしれません。

ふすまは住空間に大きな割合を占めるインテリア・スペースです。張替えを模様替えの気分で検討してみることも一考です。

インテリアを変えたい時期とは、それは自分のライフステージが変わるときではないでしょうか。進学したあと、就職した後、転居したとき、結婚したとき、失恋したとき、気分転換が必要だな と感じたとき。こんなときには、お部屋の模様替えが気分一新に役立ちます。ご自分にとっての《ふすまの張替えどき》かもしれません。
ふすま張替えのおすすめ
ふすまは、張替えと補修を繰り返し行うことによって、いつまでも新鮮な仕切りとして使える、日本独特の建具です。

色が褪せたり、破れたり、汚れが目立ってきたときに、インテリアの模様替えの気持ちで、いっそ和室全体をリフレッシュしてみることをおすすめします。ふすま紙のデザイン変更に合わせて畳表を替え、同時に部屋のクリーニングを清掃業者にお願いすれば、お部屋は見違えるようになります。和室はこうして新しい住まいに模様替えすることができます。

なお、ふすま紙には、素材もグレードも図柄も、多様な種類がそろっています。お好みのふすま紙を選ぶことが、ふすまを永く使う上では、大切な作業です。そこで、まず張替えをどのような目的で行うかについて確認しておきましょう。

また、ふすま紙をきれいに張替えるのには熟練した技術がいります。ふすま戸の種類によって張替えの方法がことなりますし、ふすまの構造部分の破損補修や縁の取り外しと傷の補修。引き手の取り外しやはめ込み。複数のふすまの図柄合わせなども大切です。ノリや工具も専門のものを使うことが望ましいでしょう。