トップページ > 内装材料コンテンツ > 色・素材にこだわるデザイン特集

色・素材にこだわるデザイン特集

女性が喜ぶホテルライクな内装デザイン


女性が喜ぶホテルライクな内装デザイン

 駅ビル内にあるデンタルクリニック。女性客が圧倒的に多い専門店の上階に位置するこのクリニックのメインターゲットはやはり女性。そこで通勤帰りや買物途中の女性が落ち着いて入れて、くつろげるホテルやカフェのような空間を目指して内装をデザイン。 冷たい印象を与えないよう、ピンク系のカラーとミディアムブラウンの木目を用いてウォームカラーでまとめています。


ガラスのモザイクタイルと木目のパネルで上質感と落ち着きを演出

カーブした壁面が特徴の待合室

ホテルのラウンジのような落ち着きと上質感を持たせるべく、正面の壁面には木目の格子パネルを。カーブした壁面にはガラスのモザイクタイルを貼りアクセントに。デコレーションスペースを設けてインテリア小物をディスプレイ。左手前の仕切られたコーナーは、小さなお子さん連れでも安心なキッズコーナー。


木目が美しい壁面パネル

木目を縦横交互に並べリズムをつけたデザインの壁面パネル。そこにダマスク調の壁紙を額装して絵のようにかけてアクセントに。壁面の印象が重くなりすぎないよう、額装した壁紙の色は明るめのペールトーンで。



ガラスのモザイクタイルで光と色の光彩を楽しむ

待合室の壁面や洗口コーナーにはガラスのモザイクタイルを用いて色のグラデーションと質感を楽しみます。


椅子の張り地にもこだわって

メンテナンス重視で味気ないビニール素材が貼られることが多い病院の待合室。ここでは短いスカートをはいた女性が座ってもぴたっと張り付かない椅子専用のファブリックを選択。背もたれと座面の生地を切り替えることで単調にならないよう配慮しました。


遊び心のあるキッズコーナー

全体の色彩計画を壊すことなく、明るく楽しいキッズコーナーを作るため、ベージュ系のカラーにペールカラーのグリーンとライトブルーを合わせてコーディネーション。

Design & Photo:c//space(eriko hosoi)