トップページ > 内装材料コンテンツ > 彩り豊かにデザイン・リフォーム

彩り豊かにデザイン・リフォーム

彩り豊かにデザイン・リフォーム


彩り豊かにデザイン・リフォーム

近年話題のカスタマイズ賃貸やシェアハウス。コンセプチェアルでデザインに凝ったリフォーム物件が注目を集めています。空室率を改善するために生まれたこの流れは、「もっと楽しくオリジナリティのあるデザインの家に住みたい!」と考える消費者のニーズに応えた物です。戸建てやマンションのリフォームや模様替えでも、色や柄を使った壁紙やタイルで彩り豊かな住空間を作っていきましょう。
Text & Photographs, Renovation design:Eriko Hosoi(c//space)
デザイン・リフォーム

 リフォームとは現状復帰を目的とした修繕工事ではなく、より良く空間を改善する改修工事を指します。そして“デザイン・リフォーム”とは、デザインによって暮らしの質を上げる改修工事のこと。時に内装材だけではなく、間取りや設備も大きく変更することで住まい手に合った魅力的な新しい空間を作ることもあるのです。
 今回は、そのデザイン・リフォーム事例から、デザイン性に富んだ華やかな色柄を使った物件事例をご紹介いたしましょう。


S邸リフォーム工事事例

大胆な柄や色の壁面で“インテリア・イメージ”を表現しよう
 大柄や大胆な色使いのクロスを貼るのは勇気がいるという方もいらっしゃるでしょう。しかし、低価格でより効果的にインテリア・イメージを形作る方法の一つがアクセンウォールを作ることです。ポイントはすべての壁を装飾的にするのではなく、一番目に留まる部屋の核になる壁面に色柄でアクセントを加えること。そうすれば大きな絵を掛けたような効果が出て、装飾過多になることなく、オリジナル性に富んだ部屋に仕上げることが出来るのです。
S邸では仕事に忙しい女性オーナーのために、インテリア・イメージを「心安らげるホテルライクなナチュラル・シック」としました。ミディアムブラウンの木製建具や家具をベースに暖かな温もりを。また、ホテルライクな仕様とグレード感を出すために無機質な素材、色使いをしないよう工夫しました。寝室ではよりリラックスして過ごせるよう、白塗装の木目の柄にクラシック・エレガントなモチーフを重ねたフェミニンな大柄クロスを貼っています。そしてリビングに設置したオリジナルの飾り棚には背板に3色の壁紙を貼り部屋に色味を加えました。リビングの他の白い壁面にも同色で大きな曲線モチーフが入っており、角度によって柄が浮き上がるようになっています。


主寝室のアクセントクロス


オリジナル家具の背板に色とりどりの壁紙を貼って


白地で大きなモチーフが入ったクロスで控えめに装飾的に

数色のタイルの組み合わせで壁面に装飾を
 タイルも部屋を飾る装飾的エレメントの代表格です。特に色をテーマに合わせて組み合わせることができるモザイクタイルなどは、物件ごとのインテリア・イメージに合わせて色調をカスタマイズできるのでおすすめです。S邸でも洗面所やトイレ、キッチンなど水回りを中心に装飾タイルを効果的に使用しています。また、調湿効果のあるタイルをリビング・ダイニングの大きな壁面に貼り、夜の照明効果でそのタイルの凸凹が陰影を生み、美しい表情を生み出す効果を得ています。タイルは輸入物を扱うメーカーも増え、様々なインテリア・イメージに合うデザインが手に入りやすくなってきています。

洗面化粧室のモザイクタイル


キッチンのアクセントタイル


LDの壁面アクセントタイル

様々なデザインの壁紙がより豊富に
 壁紙には紙、ビニール、織物、フリースなど様々な素材がありますが、ここ数年のデジタルプリントブームで装飾性に富んだ色柄物が急増しています。また、風合いの良い和紙を使った新しい壁紙も登場しています。自由に大胆に色とりどりの壁面装飾でデザイン・リフォームを試してみましょう。

現在プラン中の物件でもアクセントクロスを