ベーシック・スタイルがファッションでもインテリアでも多く見られたここ数年。けれど2016 年に入って色でも柄でも素材でも“装飾性”が戻ってきました。2016 年1 月にフランス、パリで開催されたインテリア見本市Maison & Objet Paris 2016、Paris Déco Off 2016 から最新のインテリア・トレンドをご紹介します!

トレンドに装飾性が戻ってきた

2014 年、N.Y.発で話題になったファッション・キーワードに“ノームコア”がありました。 “究 極の普通”とも訳されるこの言葉。流行を追いかけ自己主張するのではなく、着心地の良いシン プルな服を自分らしく着こなすことがおしゃれだという考え方。アップル社の創業者の一人で もあったスティーブ・ジョブ氏のベーシックでいつも変わらないファッション・スタイルから 生まれたとも言われています。そしてインテリアでも安価でシンプルなデザインの物が長く主 流を占めてきました。そう、ここ数年はファッションでもインテリアでも“ベーシック”が基本に あったのです。

そして2016 年。長年の“シンプル&ベーシック”には飽き飽きしたと言わんばかりにデザイナ ーや各ブランドでは装飾性のある商材を発表してきました。私たち消費者の心を刺激してくれ る華やかな色や柄。複雑な素材や加工技術。そして見る者の心を揺さぶるドラマチックなイン テリア・スタイルなど。カムバックした新しい時代の装飾性に注目です。

Maison & Objet Paris 2016 のトレンドテーマは“WILD”

展示会:Maison & Objet Paris 2016

会期:2016 年1 月22 日~26 日

会場:パリ・ノール見本市会場

Maison & Objet Paris 2016 INSPIRATIONS No.28 「WILD」
Maison & Objet Paris 2016 INSPIRATIONS No.28 「WILD」

世界中から注目されるパリで開催されるインテリア見本市メゾン・エ・オブジェのトレンド ブース『INSPIRATIONS』。前回(2015 年9 月開催)のトレンドブース“PRECIOUS”から傾向 が見られ始めた新しい時代の装飾性は、“ニュー・ブリング(新しい派手さ)”と“ゴールドの復活” を通して表現されました。

そして今回のテーマは“WILD”。森をイメージしたブースを創り出し、“深い森”や“未開の地”に 対する憧れや恐れ、そして自然界との繋がりを洗練されていない荒々しさがむき出しの家具や オブジェで表現。また3D プリンターによるワイルドな造形物や錆や窯変などの化学反応を用い た金属素材の最新の加飾技術などを展示し、都市にある住宅、商業建築の中に見られる“野生性” について触れています。最後のブースでは“聖なる儀式”をインスピレーションとし、よりスピリ チュアルな側面にも触れ、奥行き深く、現代におけるデザインの装飾性である“WILD”とは何か を語りかけていました。

Maison & Objet Paris 2016 Hall 7 INSPIRATIONS No.28 「WILD」ブース
Maison & Objet Paris 2016 Hall 7 INSPIRATIONS No.28 「WILD」ブース

Wild Natural

では、トレンド・キーワードの“WILD”はどのような形で実際のインテリアとして現れてくるのでしょうか。ワイルドらしさを表す柄や素材を中心にご紹介しましょう。


《ジャングル・モチーフ》

植物モチーフでは、ジャングルに生えているシダやヤシなど南国の植物の柄が数多く登場しました。またトロピカルフルーツの王様、パイナップル柄も登場。オウムなどの鳥モチーフや装飾も多かったのが今年の特徴です。トレンドカラーであるブルーやグリーンを使った南洋の植物モチーフで壁や窓辺を飾れば今年らしさを演出できます。

Deco Off Paris 2016 より
Deco Off Paris 2016 より

《エスニック》

ワイルドでナチュラルというイメージから、エスニックなテイストも登場。影響力の強い2つのフランスのラグジュアリー・エディターでは、それぞれ中南米と東南アジアの伝統素材やモチーフを巧みに用い、明るく野趣溢れる装飾性をエスニックテイストでワイルドに表現しています。

Deco Off Paris 2016、Maison & Objet Paris 2016 より
Deco Off Paris 2016、Maison & Objet Paris 2016 より

《木肌を活かす》

そして、自然のままの風合いを活かした木製品の家具、壁装材なども重要です。アバカなどの自然素材に顔料を塗布し織り上げた壁紙など、高級でありながらワイルドさを表現した仕上げが魅力の素材も注目を集めました。

Deco Off Paris 2016、Maison & Objet Paris 2016 より
Deco Off Paris 2016、Maison & Objet Paris 2016 より

《アニマル柄をワイルドかつ上品に》

次に注目すべき柄はアニマルです。アニマル柄をクッションや壁面、床のラグなどにアクセントとして取り入れてみましょう。その時の使い方で大切なのは“品”です。使う分量やそこに合わせる家具などのデザインを“エレガント”にすることで、品のあるワイルド感を醸し出せます。私たち日本人はアニマル柄や素材をある固定のイメージに置きがちですが、もともと西洋ではアニマル柄や素材は王侯貴族が用いた最上級の素材。クラシックでエレガントな宮殿やお屋敷でカーペットや椅子の張地で多用されていたものでした。今シーズンはアニマル柄をエレガントな空間に組み合わせるのが新鮮です。

Neo Elegant

先に書いたワイルドでも触れましたが、今シーズンのもう一つの大きな傾向に“エレガント”があります。ファッションでもその傾向は出てきていますが、インテリアでも上質、本物を志向する傾向の高まりとともにこのイメージが新しさを伴って登場し始めています。キーになるのは“強さ”。儚いエレガントではなくパンチのあるダーク色を効果的に使ったエレガントの登場です。

Deco Off Paris 2016、Maison & Objet Paris 2016 より
Deco Off Paris 2016、Maison & Objet Paris 2016 より

《起毛した光沢素材ベルベット調》

今シーズン各ブランドが新製品として発表した素材にベルベットがあります。起毛した素材で美しい光沢と触り心地が魅力です。正確にはベルベット調素材と言った方がいいでしょう。デジタル・プリント技術によって複雑な色柄が施された多種多様なベルベット調素材が登場し、魅力的な椅子張地やカーテン生地として紹介されました。また、カットベルベットなど、凹凸による柄表現も見られます。昔からフォーマルな空間で使用されることが多かったベルベット。先ほど触れたアニマル柄と同じく、空間に“品”を与える素材として効果的に使用したい素材です。

Deco Off Paris 2016、Maison & Objet Paris 2016 より
Deco Off Paris 2016、Maison & Objet Paris 2016 より

《ゴールド復活》

もう一つのエレガントさを演出するキーワード。それは“ゴールド”です。光沢素材はここ数シーズン続くトレンドでもありますが、ゴールドを空間のアクセントに使うのは久しぶりの傾向です。サイドテーブルやランプ、椅子やテーブルの脚などにゴールドを用いて空間に新しい装飾性をプラスしましょう。

Maison & Objet Paris 2016 より
Maison & Objet Paris 2016 より

《アールデコ風幾何学模様》

いわゆる“ジオメトリック”柄がたくさん登場した今シーズン。なかでも大きめのジグザグ模様(山型)やひし形などを組み合わせた立体的なモチーフが印象的。そして1920年代のアールデコを思わせる色柄も多く登場。少しレトロ感が香るジオメトリック柄を組み合わせて強さのあるエレガントを表現するのもお勧めです。

Deco Off Paris 2016 より
Deco Off Paris 2016 より

アートな装飾性

《絵画のような花モチーフ》

カーテンなどの高級ファブリックスを扱うメーカーで今回多く聞かれた“アート”や”絵画のような“というキーワード。美術館に収蔵されている名画を思わせる絵画タッチのプリントや刺繍の花モチーフが数多く登場していました。大胆に装飾性の高いこのような生地をインテリアで使うことで部屋にアクセントをつけることができるでしょう。

Deco Off Paris 2016 より
Deco Off Paris 2016 より

個性ある色を楽しむ

《ブルー&グリーン》

今回の展示会で最も多く登場した色はブルー。空や水を思わせる清らから水色から深い森のなかにある神秘的な湖の濃い青緑色まで。実に様々表情のブルーが登場しました。また緑も重要な色味と言えるでしょう。

Deco Off Paris 2016、Maison & Objet Paris 2016 より
Deco Off Paris 2016、Maison & Objet Paris 2016 より

《次に来るのは赤?》

ファッションでもインテリアでも次の注目カラーは赤と考えます。アクセントで赤を少し加えるなどポイント使いでも個性を発揮しそうです。2016年後半から2017年にかけて要チェックです。

Deco Off Paris 2016、Maison & Objet Paris 2016 より
Deco Off Paris 2016、Maison & Objet Paris 2016 より

まずは大胆にアクセント使いで試してみよう

個性の強い色や柄が注目される今シーズン。まずはクッションやラグなど、小物使いで部屋にアクセントとして取り入れてみましょう。次に、模様替えをして空間に華やぎをプラスしたい人は、カーテンに大柄や色目のはっきりした生地を使い、壁の一面にアクセントクロスを貼ってワイルドやエレガントなスタイルを楽しみましょう。このようなインテリア・イメージはきっと私たちの心を揺さぶる情熱を空間に与えてくれます。今シーズンはインテリアで少し冒険してみるのがお勧めです。