艶やかで美しい和室をどれだけ見た事がありますか?
今回は目黒の坂の下にあるホテル雅叙園東京の“百段階段”をレポート。昭和初期に建築された木造建築は、その地形から99段にも及ぶ階段で構成されています。階段で縦に繋がれた7つの部屋は“昭和の竜宮城”。鏑木清方などの著名な日本画家が描いた肉筆画が部屋を埋め尽くすその装飾美は圧巻の一言です。侘び寂びの世界とは全く異なる、艶やかな和の装飾美をご紹介します。